エリック・オニール

Carbon Black 国家安全ストラテジストのエリック・オニールは、対テロ作戦や国家安全問題などの幅広い問題をカバーするソート リーダーです。サイバーセキュリティ脆弱性評価、スパイ防止/対テロ作戦、経済スパイ調査、社内調査、セキュリティ リスク評価コンサルティングを専門とする開業弁護士でもあります。

FBI の秘密捜査官時代には、テロリストや外国諜報員に対する国家安全活動に従事しました。米国史上最も悪名高いスパイ、ロバート・フィリップ・ハンセンの捜査と逮捕においてオニールが果たした役割は、2007 年にリリースされて批評家の絶賛を受けた Universal Studio の映画「Breach」の題材になりました。

オニールは米国だけでなく国外でも人気の高い講演家であり、ブロードキャスト/印刷メディアを通じてセキュリティ関連トピックの専門家として情報を発信しています。

Hex_Honeycomb

その他 エキスパート