ロン・ノルディン

ロン・ノルディンは、インターネット/ソフトウェア テクノロジー企業を専門とした有数の起業家/投資家で、Carbon Black のほか、Midway Studios と CMG でも取締役会のメンバーとして活躍しています。以前はAtlas Venture 社のシニア パートナーとして、eRoom Technologies をはじめとする多数の早期段階ソフトウェア/インターネット企業に投資しました。

eRoom は 2002 年にDocumentumに買収されました。この取引は、同年最大級の民間ソフトウェア企業買収でした。Atlas 社参画前は、エンタープライズ ソフトウェアのベンチャー企業 SQA Inc. の社長 兼 CEO を務めていました。ノルディンは、SQA をスタートアップ企業からソフトウェア QA 市場の最も有力なベンダーへと成長させ、1995 年の上場に貢献しました。SQAは彼の指揮の下で株式公開企業として高く評価される存在になりました。キャリア初期にはCognos 社のシニア バイス プレジデントを務め、エグゼクティブチームの一員として、スタートアップから 1986 年の IPO を経てグローバル ソフトウェア企業のトップ 20 社に数えられるまでに同社を発展させました。ウォータールー大学で経営学の学士号を取得しています。

Hex_Thirds

その他 取締役会